ネタバレBLOG

2015年03月

スプレッドやスワップポイントは、売買の出費ですから、為替手数料とトータルで思案したいところです。どっちにしろ、投機をせず流れに乗って、買い時、売り時のきっかけをとらえれば、プロフィットは付いてくるものです。 「通貨先物取引」を考えて、未来のある時点において通貨を一定の価格で売買する取引を考慮します。 なによりFXは自動取引が相当充実してますので、有効的に活用すれば時間効率が相当改良されます。もし暴落してロスになったら、ポジションはすぐ損切りを行うのがいいでしょう。リカバリーするかもしれないという変な安心は暴落時には持たないように。 複数の通貨ペアを組むFXポートフォリオという考え方で、レートが激変してもリスク回避できるようにしてくださいね。FXは運用の仕方によっては、ある程度リスクと損失を抑えながら儲けを得る可能性も大きいわけです。

極力FX会社のデモトレードでさまざまな通貨でプロフィットを出せるようになってから、本トレードを開始するのが普通です。利確した後になって意外に上昇し続けた場合、もっと稼ぐことができたのに、と後悔してやる気が下がりますが、傾向を読み損ねたということなのですね。 キーポイントは、損きりラインをいったん決めたら動かさないのが賢明です。損失を最低限に抑えるノウハウですね。それから、トレーリングストップと言って、値動きに合わせてストップロスの水準も切り上げていけば、万一の危険に対しても安堵できるのではないでしょうか? やり方や策略を間違えれば、一瞬で元本と収益がなくなってしまうという危険もありますから困難なんですけれどもね。ファンダメンダルズは根本的にその国の未来の経済力を予測し、通貨の価値を見込むものだから、貿易収支や経常収支などの経済指標を見直ししましょう。 「クウォート」を考えて、銀行が提示する買値と売値の為替レートを考慮します。

FXでおおきくロスを出す投資家の性格は、根拠なくレートが回復するだろうという期待を抱くことなのです。ロスカットは大事です。また最近人気のシステムトレードは、トレーダーの感情を排して自動トレードできる点が良い点です。 複数通貨ペアを管理するのはスキルが必要ですが、どのような為替の局面でも安全装置として効果的なはずです。自分のパターンを破るということかけまして、豹変する相場に負けてしまうことを意味しますので、状態を見ながら念入りにやりましょう。 一見凄く簡単なことですが、要は安定して利益を出せると意欲が沸きますね。 「フェイバー」とかけまして、ポジションを市場レートで評価した場合に評価益が出ている状態です。逆に損失が出ている場合は、アゲンスト(Against)といいます。

FXをする環境は人それぞれですから、無理なくモチベーションを維持できるトレードのやり方を模索することなのですね。トレードが上手くいかずに遂次損失が拡大していくのを見るのはハードなことですので、気負いも必要です。あまりにも値動きが激しい時にはビギナーは下手をして大きく損失を出すと心配ですから、ポジションを持たないのがよいです。 投資のトレードはつまり心理戦です。いかに冷静さやモチベーションを維持できるかが本当に大事なのです。ポンド円(GBP/JPY)はボラティリティーが高い通貨ですから、収益の巨大化につながりやすいですが、リスクも高いので警戒が必要です。 根本的に順調に積み上がってきた利益も一瞬で失い損失を出してしまう危険があるから外国為替保証金取引はハードな取引きでもあるわけです。すごく意思が強い方でない限り、感情に流されたトレードをすることになります。だから、イフダン(IFD)オーダーでエントリー・利確・損切りのラインを前もって設定しておきましょう。 「キャンドル」とかけまして、カナダ・ドルの別称です。CADと表記します。

勢いよく打ち出されたボールが、スピンによってキュッキュッと止まる…アマチュアが憧れるアプローチショットかもしれません。プロの試合を見ていると「このアプローチはオーバーするなと思った瞬間に、ピンの前でピタッ」と止まるシーンを見ていますので、そのかっこよさを真似したくなります。これは練習を重ねたプロだけができる技なので、アマチュアはあまり目指すべきではないと考えています。ライやボールのあたり方によってはスピンの量が変わるので、一定のコントロールするのが難しくなります。思った以上にスピンがかからなければ、大オーバーするし、逆に意図しないところでかかって、ショートすることがあります。アマチュアでも効果的に成功させるアプローチの方法はいくつかありますが、森本光弘のリズムシンクロ打法ではアプローチの効果的な方法が解説されていますので、機会があったら、ぜひ一度ご覧になってください。

このページのトップヘ