外為市場のFX(外国為替証拠金取引)に関して、見ていきましょう。FX(外国為替証拠金取引)というのは二種類のお金をトレードすることによってそれらの差引額を受け取れるといった手法になります。このような二国の通貨の中で発生する差益の金額をスワップ金利をいうのです。こうしたスワップ金利ですが、正確にはスワップポイントといわれているみたいです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利は、日ごとに得られますがしかし、相場の変化次第で変わるそうです。こういった外国為替証拠金取引のスワップ金利の獲得が目的でFXの為替取引をやっているみなさんも多いです。スワップポイントは、そのFX業者によって違ってくるので可能な限り儲けが多い業者でやり取りしたいですよね。とは言ってもスワップ金利は為替のレートが変わることで一緒に変動するので注意をしてください。さらに、為替の取引をやる時にはチャートを読める事が必須になります。グラフを読み取れると、為替の相場の流れをつかむ事が可能となると言います。外国為替初心者の人が見た場合、何を示しているグラフ?などとわからないと感じると思いますがポイントを覚えていれば図表を読み取る事が可能になるそうです。円が上昇するだろうもしくは下がるだろうという感じで、ここで最も円安とこのグラフを読む事で判定が出来るようになり為替の取引を行うには非常に便利な情報源となるそうです。上記の図表は、日本の場合はローソク足が使われ名前のままローソクの形みたいなグラフで表示されています。このようなローソク足は高値とか安値また終値や始値等を表現されていてグラフの中で多種多様な格好になります。