多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこれに参加を申し込む介護士は多数います。女性の多い職場であるため男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。街コンでは、介護士という仕事は一種のステータスとなることが多いです。とは言え、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。一般的なほかの職業とは違って、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそも介護士の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。働き方の違いで、介護士であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、つくづく安い値段ではないでしょうか。介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、近頃では介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「介護士」と言えば普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。介護士というものはストライキをすることも難しく、経営者サイドが適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。