うるう年というのは聞いたことがあるけど、うるう秒というのはあまり馴染みがないですよね。 調べてみたら、「天文時」と「原子時」とのズレを調整するために行われる、と書いてありました。 うん?これだけではちょっとわからないですが・・・ とにかく、一般的に標準時として使われている時刻を数年に一度調整する必要がある、ということでいいのかな? で、これは数年に一度行われていて、今年がちょうどその年に当たるそうなんです。 今年の7月1日、日本時間で午前8時59分59秒とちょうど午前9時になるまでに間に、60秒挿入されるということ。 「やったー、1日が1秒だけ長くなる!」なんて言っても、実感としてはわからないですけどね。 パソコンとかスマホの時刻も影響受けるのかな?