今日もメンタルトレーナーの人の言葉をお届けしたいと思います。人間の行動は観念にとらわれ、心で思ったように行動するものです。つまり心が安定するとプレイにも好影響を及ぼすようです。例えばスポーツの世界では一重になるのに心(作戦)技(技術)体(体力)の3位一体が必要不可欠です。なかでもそれらを取り巻く「心」が整って始めて才能は開花するようです。成功するか否かは心で差がつきます。つまりメンタルを鍛えることが勝利への近道であり、心が重視される理由でもあるようです。では強い心を作り上げるのに必要なのは一体何でしょうか。それはもう1人の自分を持つことだそうです。もう1人の自分とはどういう意味でしょうか。ここでは自己中心的や感情的にならないためのストッパーのような役割のことだそうです。人は頭に血が上り周りが見えなくなると本来の力を発揮できなくなります。そんな心の乱れを抑え、自分を客観視し、自制させるためにもう1人の自分を見立てることが必要になるようです。ポイントは自己分析を習慣化させること。己を知る機会を定期的に持つことで、その効果は高まり心は鍛えられるとゆうことです。ぜひ取り入れましょう。