スプレッドやスワップポイントは、売買の出費ですから、為替手数料とトータルで思案したいところです。どっちにしろ、投機をせず流れに乗って、買い時、売り時のきっかけをとらえれば、プロフィットは付いてくるものです。 「通貨先物取引」を考えて、未来のある時点において通貨を一定の価格で売買する取引を考慮します。 なによりFXは自動取引が相当充実してますので、有効的に活用すれば時間効率が相当改良されます。もし暴落してロスになったら、ポジションはすぐ損切りを行うのがいいでしょう。リカバリーするかもしれないという変な安心は暴落時には持たないように。 複数の通貨ペアを組むFXポートフォリオという考え方で、レートが激変してもリスク回避できるようにしてくださいね。FXは運用の仕方によっては、ある程度リスクと損失を抑えながら儲けを得る可能性も大きいわけです。