先日新聞を見ていた時に、事故が多い高齢者について、特別に指導をしているという記事を見ることができました。 そこでは、実際に事故を起こしそうになった現場を思い出して、その時の状態を再現するというものです。 するとそこに参加しうている高齢者の多くは、車がすごいスピードであっても、 そんなに認識を持っていないことがわかったようです。 そのことから、車を運転している人と、そこを歩いている高齢者の認識の違いがあるので、 事故を起こしやすい状況になっているということでした。 そのことを聞いて、私も運転をするときは、歩行者に十分気をつけたいと思っています。 歩行者が突然、止まる事も想定して運転をしなければならないと思ったことでした。