最近、アニメが実写版になって映画化されるケースが増えてきました。 ついこの間も「流浪に剣心」の最終話が公開されました。 私は基本的にアニメの実写化には反対なのですが、先日「ルパン3世」を見て少し考えが変わりました。 反対派の私が何故「ルパン3世」を見に行ったのか。 それには理由がありまして。 いつだったか忘れましたが、TVで「ルパン」の映画のCMがを見ました。 そこに写っていた小栗旬があまりにも「ルパン」に似ていたもので、その気になってしまったのです。 似ていると言ってもかつらや派手な化粧で似せているのならそんなに惹かれなかったでしょう。 しかし、彼はまぎれもなく素でした。 「ルパン」おなじみの赤いジャケットを着ているだけ。 さらに声まで似ているのですから・・・ 映画の感想ですが、思っていたよりは楽しめたかなという程度ですが、 「小栗3世」はなかなか良かったですよ。