授業参観でした。 今回の授業は算数の「水のかさをはかってみよう」でした。 デシリットルの升、何個分だから何デシリットル?というような内容でした。 途中でリットルの升が登場し、デシリットル升何個分かはかる、という作業をすることになった児童たち。 見ていると、さっと行動できる子と、言われてから行動する子とさまざまです。 うちの子は…何をするわけでもなく私を見てニコニコしていました。頭が痛いです。 こぼれた水を拭くために雑巾も用意されていたのですが、「雑巾は濡らして使うもの」と思っている子が多いためか、水を拭くためにわざわざ一度雑巾を水で濡らして絞っているのが意外でした。 2年生って、まだ臨機応変、っていうことが上手にできないお年頃なのでしょうか。 でもこのクラス、1年生の時にはフラーっと立ち歩く子が3人くらいいたのですが、今回はみんなきちんと授業を受けていました。 こないだまで幼稚園に通っていて、積み木をするのがやっとだと思っていたのに、すこしずつ成長しているのですね。 幼稚園に勤めるには